低金利で利用できる労金ではおまとめローンも利用できる?

労金では各種ローンの取り扱いが行われています。実際に適用される金利や商品などについては各地域の労金によって異なりますが、たとえば中央労働金庫の場合であればフリーローンで年5.125%の変動金利型と年6.300%の固定金利型が選択できるようになっています。

 

フリーローンというのは、消費者金融などと同様にその使用目的を制限しないローンであり、基本的な使い方や考え方は消費者金融などのカードローンと同じと考えて良いでしょう。また、中央労金のフリーローンでは最高で500万円まで融資を受けることが可能となっており、

 

 

消費者金融などから借りる場合に比べるとかなり低金利で利用できる


という特徴があります。ただし、中央労金のフリーローンは使用目的に制限がないとはいえ借り換えに利用することはできないため、たとえばおまとめローンとしての利用することはできません。

 

それにただでさえまとめて借入金額が大きくなってしまうのに審査に厳しいろうきんでフリーローンとして高額の審査が通るのかどうかも疑問です。

大手消費者金融ならおまとめローンとしての審査もしっかりしてくれる

  • 審査の厳しい労金でのおまとめローン
  • 審査に時間が掛かる労金でのおまとめローン

ここを目指すよりもおまとめローンでもしっかり審査・スピード審査してくれる大手消費者金融で考えた方が現実的ですし、せっかくの一本化も審査に通らなくては意味がありません

借入額が年収の1/3を超えますが消費者金融でおまとめローンできる?

借入金額が大きくなるので審査に厳しいから消費者金融に申込むのに年収の1/3を超えたら借りれないということになると債務者の逃げ場がなくなってしまいます。

 

 

安心してください!おまとめできますよ!


総量規制には債務者の逃げ場を作るために例外という処置があります。それは、

債務者に一方的有利となる借り換え=おまとめローン

が例外的に総量規制の範囲を超えて貸し出してもいいことになっています。ですので消費者金融におまとめローンを希望する場合は申込フォーム又は内容確認の際に掛かってくる電話でおまとめ利用だと言う事をしっかり伝えておけば可能になるのです。

おまとめローンの審査も例外で大丈夫!審査に強い大手消費者金融
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

借入額も少ないし件数も少ないので審査は大丈夫でしょって方は低金利おまとめローン

労金の場合は審査に時間が掛かりますし、書類なども沢山提出しなければなりません。そもそも労金の組合員でないと審査には不利になって位まう傾向があります。

 

それなら低金利銀行カードローンの方がメリットがあります。借入額が大きくなるとぐっと金利も低くなるので労金の金利よりも低いものもあります。

銀行の低金利おまとめローンならココ
MR.カードローン【住信SBIネット銀行】

金利 年利 0.99%〜14.79%
限度額 最高 1,200万円

金利 年利 2.2%〜17.5%
限度額 最高 800万円

労金ではおまとめローンも利用できないのか?

では労金であれば必ずしもおまとめローンが利用できないのかといえばそうではなく、たとえば東北労働金庫や北陸労働金庫であればおまとめローンとしての利用ができるローン商品を取り扱っています。このように、労金のローンだから必ずしもおまとめローンが利用できないというわけではなく、

 

 

各地域の労金によってはおまとめローンが利用可能


なところもあります。もちろんこれらの労金ローンは、労金ならではの特徴ともいえる低金利で利用できるというメリットがあり、おまとめローンの利用をすることができれば現在借入を受けている業者の金利よりも低い金利での利用が可能です。

 

低金利という意味だけで考えれば労金はかなり魅力的ではありますが、実際におまとめローンとして利用するためには前述の通り取り扱いが不可だったり、あるいは労金の利用そのものができない可能性があります。

 

そのため、おまとめローンの評判としてはやや一般的な選択肢とは言い難い金融機関といえるでしょう。現在労金にて預金をしているような人であればともかく、そうでないのであればまずは銀行などに相談してみると良いでしょう。

 

しかし実際には労金の審査の厳しさから言うと、ろうきんのフリーローンでのおまとめローンは難しいといわざるを得ません。

2016/05/12 16:41:12 |
複数の借入を一本化することで色々なメリットを受けられるおまとめローンですが、利用方法によっては反ってデメリットを生んでしまうケースがあります。それは返済期間を長期間にしてしまうことで起こってしまいます。おまとめしたほうが絶対にいいに決まってるだろう・・・少額の借入を一本化することで、金利がそれまでよ...
2016/05/12 16:39:12 |
借金の返済が苦しくなってきたら、債務整理をする前におまとめローンを利用する事でメリットを得られないかどうか考えてみましょう。もし、今よりも金利の低い金融業者でおまとめローンを利用する事が出来れば、返済総額を減らせるようになります。今より低い金利でおまとめできないならメリットがないなぁ・・・返済総額が...
2016/05/12 16:37:12 |
複数のカードローンからキャッシングを利用している状況では毎月其々の金融機関に対する返済額が重なり生活が圧迫されてしまいます。返済はしたけれど結局生活費が困窮し、追加でキャッシングするというケースは珍しくありません。更に進んだ状況になるとカードローンの返済の為に新たに借入れして充てる「自転車操業」状態...
2016/05/12 16:32:12 |
最初に過払い金とは消費者金融などを中心とした貸金業者が貸金業法の利息制限法の上限である15%〜20%を超える金利を設定した貸付条件で取り続けた利息のことを言います。実際に多くの貸金業者が、過払い金って貸金業法が改正される以前の金利のことかなぁ・・・出資法の上限金利である29.2%という高利を適用して...
2016/02/23 14:39:23 |
おまとめローンは他社から借りていることが証明できなければならないので、提出書類は少し増えることになります。収入証明書の提出基本的には収入証明書を提出して収入があることを認めさせなければならず、提出しなければ先ず審査へ進むことすらできません。既存他社借入の利用明細書の提出次におまとめローンを利用する場...
2016/02/23 14:37:23 |
労金は地域に密着した形の金融機関で、基本的には組合員の出資によって成り立っている金融期間となります。そのため銀行や消費者金融とは少々異なる金融機関だといえ、ローンに関しても銀行などとは大きく違うシステムとなります。労金のローンのメリット労金で借りるメリットってあるのかなぁ?労金のローンを使用する上で...
2015/12/24 14:46:24 |
借金の債務整理の方法には様々なものがあって、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産などがありますが、任意整理以外は裁判所を通じて行う方法となります。どれも専門の知識がいるために、弁護士事務所などや司法書士事務所などに相談をすることが必要になってきますが、このうち個人再生とくらべられるのが自己破産との...
2015/12/22 15:21:22 |
近畿ろうきんにも利用使途自由のカードローン【マイプラン】があります。ろうきんの金融商品なので組合員であるか否かによって金利が変動します。近畿ろうきんのカードローン【マイプラン】の金利団体会員の構成員の方年6.150%〜年8.550%生協会員の組合員および同一生計家族の方年6.550%〜年8.950%...
2015/12/21 14:51:21 |
中央ろうきんにも利用使途自由のカードローン【マイプラン】があります。ろうきんの金融商品なので組合員であるか否かによって金利が変動します。団体会員の構成員の方年3.875%〜年7.075%生協会員の組合員および同一生計家族の方年4.055%〜年7.255%上記以外の一般の勤労者の方年5.275%〜年8...
2015/07/01 21:05:01 |
ママ友で看護師さんをしていた人がいます。出産前までは、大学病院の小児科病棟に勤務していたようです。医者ではなく看護師さんとはいえ、プロですから子どものちょっとした体調不良の際は薬や手当の仕方などのアドバイスをしてくれるのでとても頼れる存在のママ友です。そんな彼女がつい最近、看護師として社会復帰をした...