個人再生

借金の債務整理の方法には様々なものがあって、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産などがありますが、任意整理以外は裁判所を通じて行う方法となります。

 

どれも専門の知識がいるために、弁護士事務所などや司法書士事務所などに相談をすることが必要になってきますが、このうち個人再生とくらべられるのが自己破産との違いになってきます。任意整理や特定調停と違って

 

 

借金の額が大きく返済能力が比較的低いものに個人再生や自己破産が適応されます


が、その大きな違いと言えば没収される財産の有無にあります。よく言われている通り自己破産に関しては金銭的になる財産はすべて没収されて借金の返済に回されます。

 

この通りすべてに財産を金銭に変えて返済をすることから、残りの借金はすべて免除されるのが自己破産であるのですが、一方で個人再生に関しては

 

 

住宅を手放すことなく借金の返済を見直すことができるようになります。


この制度は住宅ローン特別条項というものを使っており、住宅ローン自体は先送りにして借金の返済を見直すというものになるので、住宅ローンの支払いに関しては減額などはされない点には注意しましょう。そして見直される借金についてですが、こちらは

 

 

再計算されたものをのちの三年間で支払っていくことを約束する代わりに、残りの借金を免除するという法的手続き


になります。当然法的手続きなので裁判所で弁護士またな司法書士の手助けが必要になります。この個人再生の資格についてですが、ある程度将来に渡っての収入があることが条件なので、就労や収入があることが条件になります。

 

また個人再生において減額される借金の額は、住宅ローンを除いた金額が5000万円以下というものになり、減額される割合はその借金の金額で変わってきます。また自己破産と同様に個人再生も債務整理の一環ですので、いわゆる信用情報機関にブラックリストとして情報が載ってしまうので、

 

 

個人再生をした後には各種のローンやクレジットカードは5から7年の間は非常にしずらくなる


というデメリットがあることが覚えて置いた方がいいと思います。