おまとめローン契約後に過払い金返還請求を検討する

最初に過払い金とは消費者金融などを中心とした貸金業者が貸金業法の利息制限法の上限である15%〜20%を超える金利を設定した貸付条件で取り続けた利息のことを言います。実際に多くの貸金業者が、

 

 

過払い金って貸金業法が改正される以前の金利のことかなぁ・・・


出資法の上限金利である29.2%という高利を適用して貸付を続けていました。この利息制限法の上限金利との差をグレーゾーン金利と呼んでいましたが、利息制限法を超える金利を上乗せしての返済については、違法であると2006年に最高裁判所が認めた後、

 

 

2010年6月に利息制限法・出資法共に貸付金額による上限金利を20%へ統一して完全施行となったのです。


最高裁判所が、グレーゾーン金利分の利息について違法と認めた以上、その分の返済額については余分に支払ってきた過払い金という扱いになったのです。最近は、過払い金返還請求の相談を受付ける司法書士法人によるCM合戦が繰り広げられています。

 

2006年の最高裁判所の判決以降、金利を改める貸金業者は増え、2010年6月までにほぼ全ての業者が金利を改めました。2006〜2010年6月以前に契約をしこれまで返済し続けた利息分、若しくは完済済みの利息分が過払い金として返還請求可能な金額となるのです。

おまとめローン利用後の過払い金請求にはデメリットは少ない

複数のカードローンを一本化するおまとめローンを利用した後の過払い金返還請求について、メリット・デメリットの意見が多く見受けられますが、デメリットについては多くを考えなくとも良い状態であると思われます。

 

例えば、おまとめローンをすることによって以前の貸金業者に対しては完済した状態になっている訳です。万が一、過払い金返還請求によって、以降の契約を打ち切られることがあっても、大きな問題とはならないと考えられるからです。

 

 

過払い金返還請求に対しておまとめローン前だと問題があるのかなぁ・・・


おまとめローンを利用してからの過払い金返還請求では、損をするようなCMをされている司法書士事務所もあります。おまとめローンをする際に過払い金を含んだローン金額をもまとめることがデメリットであると紹介されています。

 

 

過払い金返還請求後の信用情報についてはマイナスになる可能性が高くおまとめローンの審査にも影響する可能性があります。


しかし、そのような高利状態で返済し続けるのは間違いなく不利益な状況であると言えますので一旦おまとめローンで金利を適正なものへ引き下げた上で過払い金返還請求の準備を進めるというのは堅い選択であると言えます。

 

完済から10年間が請求期限となっていますので期限に関しては問題ないといえます。また、おまとめローンとしない状態での返済中も、おまとめローンとして完済した状態であっても、過払い金返還請求に何ら問題は生じないことから、

 

 

おまとめローン後の過払い金返還請求にデメリットを感じる部分はないと思います。


 

おまとめローンとする為のカードローンの契約審査に通る程であれば、まだまだ個人信用機関に登録された情報はブラックと呼ばれるような状況ではありません。


過払い金請求を視野に入れて、まずは返済金利を抑える為におまとめローンで、それぞれの貸金業者への借入れを返済し、後に過払い金返が生じているであろう貸金業者に対し還請求するというスタイルも検討されるべきものだと考えます。