おまとめローンのメリットと申込むポイントは?

借金の返済が苦しくなってきたら、債務整理をする前におまとめローンを利用する事でメリットを得られないかどうか考えてみましょう。もし、今よりも金利の低い金融業者でおまとめローンを利用する事が出来れば、返済総額を減らせるようになります。

 

 

今より低い金利でおまとめできないならメリットがないなぁ・・・


返済総額が減らせるようになるという事は、毎月の返済負担も減りますし返済期間を短縮する事も可能になるのです。このように上手くおまとめローンで借金を一本化する事が出来れば、債務整理という最終手段を取らなくても

 

 

債務整理の中で全額免責されるのは自己破産だけなので他の債務整理を考える前におめとめローンを検討するのは当然の判断です。


毎月の経済的な負担も精神的な負担も軽減する事が出来ます。おまとめローンは消費者金融もしくは銀行に申し込む事が出来ますが、それぞれに特徴が異なるためポイントを押さえておく必要があります。

消費者金融のおまとめローンとフリーキャッシングの違い

消費者金融のおまとめローンの場合、フリーキャッシングと違って総量規制法の対象とならないのが大きな特徴です。ですから年収の1/3を越える額の借り入れ合計額があってもおまとめローンの場合では消費者金融でも一本化をする事が出来るという訳です。

 

おまとめ目的の貸付の場合は消費者金融のおまとめローンも総量規制の対象外となり

 

 

フリーキャッシングで不可能な融資額でも可能になります。


銀行カードローンでおまとめするメリットって?

また、銀行のおまとめローンの場合は消費者金融のおまとめローンよりも金利が低い業者が多いという特徴があり、また銀行カードローンからの借り入れもおまとめする事が出来るというメリットがあります。

 

 

消費者金融のおまとめ専用ローンの場合、銀行カードローンからの借入はおまとめの対象になりません


ので注意しなければいけません。上手く利用すれば借金の負担が大幅に減るおまとめローンですが、残念ながら申し込みの審査に落ちてしまうケースもあります。

審査落ちするケースの要因とは?

審査落ちの大きな原因となるのが他社からの借入件数となり、実際他社からの借入件数は少ない方が審査にとってはプラスに働きます。他社からの借入件数が2、3社の場合は消費者金融銀行共におまとめローンの審査に通る可能性はあります。

 

しかし、それ以上になると銀行はかなり難しく消費者金融でも5社以上となるとおまとめローンに通らない可能性が高いと考えるべきです。その場合は、闇雲におまとめローンに申し込まず借入件数を減らしてから借金を一本化するようにしましょう。

 

 

どうしても審査を通過したいんだけどなぁ・・・


例えば、最初から一本化できるおまとめローンに申し込むのではなく

 

 

既に借入のある業者で融資枠のある業者から借入したお金でまず1社の借金を完済して件数を減らす作業をしましょう。


このようにして借入件数を減らしてからおまとめローンへ申込む事で借金一本化に向けて可能性が高まります。